ページトップへ戻る

スマート物流-郵送業界実名制公告情報プラットフォーム

        国家公安部門の依頼を受け、金沢物流グループは「政府主導、業界促進、企業参与、社会監督」の方式で、「物流郵送業界実名制公告情報プラットフォーム」をベースにする麻薬禁止「ファイヤウォール」プロジェクトを通して、物流郵送業界の信頼性体系と市場監視管理体系を建設し、物流郵送経路安全検査と実名登録制度を手段とし、新しいモードで物流郵送業界に麻薬禁止「ファイヤウォール」を建設します。モバイル端末実名制POS機は本プラットフォームの重要な構成部分です。本プラットフォームは物流郵送従業員が持っている端末POS機で実名で貨物郵送状と送信者受信者情報を登録して、物流企業が貨物を受け取るときと送出ときに真実の送信者受信者情報とオーダー情報を取得でき段階的に送信者受信者データベースを作成して、物流産業内の個人、企業、機構の情報システムを作成して、監察部門がオーダー情報により逆偵察する要求を満足して、記録、参考、トレーサビリティに使います。
        プロジェクト特徴と優位性
        1.リッチクライアント技術。リッチクライアント技術パッケージを利用して、元のレイアウトをできるだけ模倣して、新しいCSS様式を追加します。
        2.集中遷移応用。アーキテクチャは応用層を高度にパッケージングして、データ伝送、集中遷移、異常の統一処理を行います。
        3.ユースケースサービスとコア業務と分離。アーキテクチャは変化可能性が高い業務ロジックをサービス層にパッケージングして、コア業務ロジックをまとめて分野モデル層で処理するようにします。分野モデル層をまとめて設計して、コア業務の安定性を保証します。単体テストでコア業務ロジック層の正確性を保証します。
        4.持久化。本システムは個別に持久層を設計して、すべてのデータベース処理をこの層にパッケージングします。
        5.外部システムインテグレーション処理。主に物流業者のほかのプラットフォームと連携します。知恵目、知恵ロックシステムがあります。
        6.汎用処理。主にアーキテクチャのコアプログラム、異常、ログ、トランザクション管理、キャッシュ管理などを行います。
        7.携帯端末設備インテグレーション。公共情報プラットフォームの特定な携帯端末設備のインテグレーション。
        8.多ポータルサポート。市レベルポータルでのデータ分離、省レベルポータルでのデータ集中を実現します。
        機能分割


 
        システムアーキテクチャ

トップページ  |  ウェブ地図  |  プライベート方策  |  連絡宛先  |  リンクス
Copyright © 1994 Advanced Systems Development Co., Ltd. 京 ICP備 11017816 号